top of page

​【牧師紹介】

​責任牧師 野田 信行

1963年 神奈川県横須賀市生まれ
1989年    英国ロンドンで初めて教会に通い始める(JCF日本人教会)
1997年    妻(栄美)と結婚
2009年    商社を退職し東京聖書学院に入学
2013年    東京聖書学院を卒業 茂原教会に赴任
・三人兄弟の父。
・趣味はスポーツと格闘技観戦。

 

主任牧師 亀田 威(たけし)

1979年 東京都清瀬市で生まれ練馬区で育つ

     年子の弟がいる長男です弟のミルクを奪い取って飲んでいたためか、身長186センチあります。現在、牛乳はそのままでは飲めません。調理したシチューなどは好物です

2003年 成蹊大学法学部政治学科卒業

     小学校6年生のときの社会科見学で国会議事堂に行き、かっこいいと思ったことが一つのきっかけです。父が国会中継を観たりと政治に関心があることも影響あるかもしれません。

2006年 早稲田大学大学院政治学研究科修士課程修了
2006年    塾講師として勤務

     当時みんなで頭に巻いていたハチマキが懐かしいです
2009年    社会福祉法人の法人本部事務員として勤務、妻と同期入社

     一番楽しかった仕事は、新人に近い世代として新人研修のコーディネートなどを任されて​いろんな人と交流できたこと​です

2011年 妻への交際申込をきっかけに、教会に通い始める

     日曜日に一緒に過ごせる人と交際し結婚したいと言われ、教会がどんなところかまず行ってみようと思いました。妻はまだ交際すると決めたわけではないのでついてきてくれず、一人で家の近くの教会に行くことに(日本ホーリネス教団西落合キリスト教会)。​その後どうなったかは、2022年4月10日の礼拝配信(YouTube)にて語っています。
2012年    6月受洗、10月妻(杏)と結婚

​     結婚後の生活拠点を八王子に移すことになり、妻の通う日本ホーリネス教団陣馬高原キリスト教会で受洗。洗礼感謝会での賛美リクエストは新聖歌18番「おお御神をほめまつれ」、結婚式でも「おお御神をほめまつれ」、私たち夫婦の愛唱賛美です。

2017年 楽しくてやめたくない仕事を退職し、東京聖書学院入学

     聖書のことばが決め手です。「わたしがあなたがたを選んだのである」(ヨハネ15章16節)、「収穫は多いが、働き人が少ない」(マタイ9章37節)。

2021年    東京聖書学院を卒業

​     入学時、同級生男子は自分だけ。紅一点ではなく黒一点と言われました。元気で明るい仲間たちに囲まれて卒業しました

2021年 日本ホーリネス教団大阪キリスト教会の副牧師

     いちおう東京出身の私たち夫婦がまず任命を受けたのは大阪。はじめ驚きましたが、暮らしてみると関西​の人も文化も好きになりました。大阪グルメの動画を観ては懐かしんでいます。

2022年 日本ホーリネス教団大網キリスト教会の副牧師

     海まで最短車で15分の立地。夏は妻とボディボード始めました。敷地内や近隣の道路などの管理が必要な地域のため、ガソリン式草刈り機は相棒です。妻から嫌々ではなく楽しんで草刈りもさせていただこうよ~と言われ、励んでいるうちに腕が上達し楽しくなってきたような気がします。地域ごとの環境を楽しみながら、牧師の働きも楽しんでいます。
 

趣味:スポーツ観戦と読書。特にサッカー観戦が好きで、ワールドカップは夜中でもLIVEで観ます。

副牧師 亀田 杏(あん)

1986年 東京都八王子市生まれ

     両親は第三子を生む前にクリスチャンになっており、私は四人兄弟の末子としてクリスチャンホームに生まれました。​朝目覚めるとまず母親が正座して祈る声が台所からきこえてくる、父は仕事が休みの日は聖書の勉強を熱心にしている家庭でした。私の名前は父が考え、聖書に記されている女預言者アンナおよびハンナから祈りを共通点に名付けてくれました幼少期に3年間、父の勉学のためアメリカのカリフォルニア暮らしも経験しました。そのため英語はだいたい聞きとれますが話すのは下手です(でも、英語で話したい方も歓迎します)。

2009年 日本社会事業大学福祉援助学科卒業

     社会福祉士・精神保健福祉士国家資格取得

     母から、杏はこころのお医者さんに向いているのでは、と言われたことが一つのきっかけです。
2009年    社会福祉法人に勤務

     地域生活支援課に配属され、精神障がい・知的障がい・発達障がい等の個性のある方々と過ごしていました。少しの助けがあれば地域で暮らせる方々の支援ネットワークづくりや訪問や病院付き添いや物件探しや引越し、葬儀立ち合い等のアウトリーチの仕事を担っていました。トラブルは日常茶飯事、おかげで、緊急時には比較的落ち着いて対処できるほうです。身も心も疲れる経験もありました。

2009年  11月 受洗

     日本ホーリネス教団陣馬高原キリスト教会。クリスチャンホームに生まれたけれど受洗は23歳でした。罪を犯した自分は神さまに赦していただけないと思い、悩んでいました。洗礼を受ける資格がないと思っていました。しかし、だからこそイエスさまの十字架が私には必要なのだと知るに至りました。愛の神、赦しの神と出会ったとき、全身が喜びに満ち、賛美があふれ出てくるようになりました。

2021年    東京聖書学院を卒業

     ぜん息症状があるときは全寮制の忙しい生活は大変でした。夫にどれだけ助けてもらったか。夫に足を向けて眠れません

2021年 日本ホーリネス教団大阪キリスト教会の副牧師

     家庭内ではこっそり関西弁の練習を重ねていました。​いま関東で関西弁が聞こえてくると、思わず話しかけたくなります。いつか、関西に戻されることになるのでは。牧師はヤドカリのような生活なので、あり得ます。

2022年 日本ホーリネス教団大網キリスト教会の副牧師

​     感染症にかかってしまった際、たびたび玄関に食べ物が届けられました。食べ物だけでなく、電話やメール、祈りなど、皆さまがそれぞれの表し方で励ましとなぐさめを与えてくださいました。高熱を出しているのに太ったのも初めてでした。祈り深く愛情深い皆さまに支えられています。


趣味:登山と海で遊ぶこと。賛美すること。夫とデート。

 

bottom of page